チカッパレンタルサーバー

トップバナー チカッパレンタルサーバーのすすめ > トップページ

チカッパレンタルサーバーの紹介

トップページへ 値段が安い コントロールパネルが見やすい ドメインの設定が楽 サブドメインの設定が楽 アクセス解析が見やすい コントロールパネルの紹介 独自ドメイン設定の方法 メールアドレス作成の方法 料金の支払い方 マルチドメインについて データベースについて FFFTPの使い方 メールの使い方応用 運営者情報 管理人について 用語集 免責事項 相談フォーム 利用規約 サイトマップ SEO管理日記 リンク集

カテゴリ別

アフィリエイトあれこれ (6) チカッパあれこれ (7) ホームページ制作あれこれ (19) 管理日記 (2)

絶対パスと相対パスの違いについて

ホームページをたくさん作るようになると、絶対パス相対パスの違いにぶち当たることがあります。これを理解していないと、リンクが噛み合わないなどの現象に悩まされることとなります。

・絶対パス

絶対パスとは、URLと同じもの、という考え方で差し支えないと思います。
なので、リンクを張るときにはhttp://www.~という形になります。
たとえばこのホームページにリンクを張っていただく場合ですと

091114zettaipas.gif

と書いて頂ければ絶対パスとなります。

・相対パス

相対パスとは、主に自分のサイト内へのリンクに利用されることが多いようです。サブページへのリンクということですね。
この場合は、指定するのはそのファイルから見た、リンク先ファイルとなります。
たとえば3階のフロアに自分が居たとして、4階に行きたければ「1階上に上る」必要があります。1階に行きたければ「2階下に下る」必要がありますね。
このように、今時分がいるところからどのくらい動くのか、を示したものが相対パスです。

相対パスの具体例

091114soutaipas.gif

これは、今居るページからそのままhext.htmlへ進んでください、という意味になります。
ブラウザ上では「次へ」という文字が表示されてhext.htmlへのリンクが貼られた状態になります。
この下にはドメインや、ファイル名などのサイトURLが隠れています。

・どっちが良いの?
僕個人としては、リンクを貼るときはすべて絶対パスで書いたほうが、トラブルが少なくて無難だと思います。
僕のサイトの場合だと、すべてのリンクを絶対パスでまとめるようにしています。




« ホームページの作り方その3 htmlに編集する。| ホームページTOPへ |ムームードメインへ引越しする方法。(レジストラ移管) »

≪メッセージお待ちしております≫
「チカッパレンタルサーバーのすすめ」では皆様のホームページに関する悩み、または疑問にお答えしています。
もし、自分、管理人に聞きたいことがありましたら、
こちらのフォームよりご質問くださいませ。
できる限り答えていきたいと思っております。   


   

管理人について

管理人について管理人について

チカッパレンタルサーバーの利用はこちら

チカッパレンタルサーバーチカッパレンタルサーバーの利用はこちら

ムームードメインの利用はこちら

ムームードメインムームードメインの利用はこちら